ケノンは産毛も効果抜群!うなじや背中を脱毛する時のコツ

背中

ケノンの家庭用脱毛器の最大のメリットとは、脱毛の照射出力レベルが1〜10までのレベルで調節出来て、脱毛器の音がとても小さくて、ムダ毛の感度に優れており、短時間で脱毛が完了出来るという点です。

 

また、薄い毛や産毛の部分を脱毛も十分に効果を期待出来ます
顔の部分は、とてもデリケートですので、脱毛においては、剃刀や毛抜きを使わない方が肌へのダメージといった点への配慮からしても賢明です。

 

そこで、ケノンの家庭用脱毛器は大変おすすめの商品なのです。

 

ケノンの脱毛器で産毛を脱毛する際には、最初のうちは照射レベルを1〜4くらいの低い設定が、痛みを伴う事なく脱毛出来ますので、デリケートな産毛がある部分の脱毛には適切なレベルだと考えられます。

 

脱毛器を使う際には、照射による肌への負担や刺激を与えない為にも、一度脱毛した部分を二回脱毛してしまうと、硬毛化や増毛化のリスクを伴う場合が考えられますので、気をつけましょう。
また、肌トラブル予防の為にも、脱毛器の長時間の使用も注意が必要です。

うぶ毛の効果・脱毛期間について

産毛の脱毛効果においては、人それぞれにおいて個人差があるものですが、ケノンの脱毛器を一週間に1回を約2ヶ月半くらい続ければ、効果が出やすいといわれています。

 

そして、脱毛器の効果の出方も色々ありますが、脱毛器を使用する回数が多くなりますと、その分毛も薄くなるという事が分ります。
脱毛後は毛の生えるサイクルが遅くなったり、毛を引き抜くと毛が抜けやすいという状態で、照射をしてすぐに効果が出るのではなく、脱毛後の数週間後になって効果が表れ始めるようです。

 

そして、ケノンの脱毛器は通販でも売れ行きが好調で、とても人気のある商品で、実際に使った方の多くは、効果を体感されている方が多いようです。

 

脱毛後は、顔が脱毛器の熱で火照っている状態ですので、すぐに冷たいタオルで顔を冷やす事が大切です。
そして、脱毛後は産毛を添った部分の保湿ケアと保水として、化粧水や乳液などアフターケアをしていくとさらに脱毛効果が上がるでしょう。

うなじや背中を脱毛する時のコツ

ケノンの家庭用脱毛器は、ワキ毛や腕、首や背中、顔や足などの毛が生えている部分から産毛や薄い毛の脱毛に対応出来るくらい使用範囲が広いものです。

 

うなじの脱毛にもケノンの脱毛器の使用で見えにくい部分の脱毛も可能なのです。
但し、うなじの部分は鏡などを使って後ろから見えるようにしないと、見えづらく脱毛しにくい部分である為、脱毛する際にいくつかの注意点・コツを挙げていきたいと思います。

うなじを脱毛する方法

うなじの脱毛を自分でするには、基本的に鏡を見てするほか術はありません。
ただ、1枚の鏡しかない場合、当然ですが、自分を真後ろから見る事が出来ませんので、美容室でうなじを見せられる時のように、合わせ鏡をするのが一般的です。自宅に全身鏡がある場合には、それを必ず一つ使いましょう。

 

全身鏡は自分の後ろに起き、目の前に鏡を置いて、合わせ鏡にしてするのが良いです。
うなじの脱毛は、失敗すると髪の毛を脱毛してしまう事となるため、十分に注意しなければなりません。焦る必要はありませんので、少しずつ処理をしていきます。
また、形は「MW型」が理想なので、頭の上で髪の毛をしばったり、バンドで後ろ髪を固定して、うなじがしっかり見えるようにして、形を前もって確認しておきましょう。

背中を脱毛する方法

背中を自分で脱毛する方法ですが、うなじとは違い、自分の手が届かないところが多いです。
そのため、うなじと違って脱毛器などを使用して、ムダ毛を処理するのは格段と難しくなります。
無理にしようとして、肌を痛めてしまったり、怪我をしてしまったりする事のないように、基本的には友人や恋人などにお願いするのが良いでしょう。

 

どうしても自分でしなければならないという場合、脱毛器ではなく、脱毛クリームを使用するほうが安全です。
クリームであれば、タオルなどを使えば自分で塗る事も不可能ではありませんので、安全な方法を行いましょう。

やけどに注意!

まず、脱毛する前は髪の毛を後ろに結び、お団子結びなどにして髪の毛がうなじの部分に落ちないようにアップしましょう。
脱毛器が髪の毛に当たってしまうと、髪の毛が火傷してしまいますので予め火傷を防ぐ為にも、脱毛器が機械に当らないようにする事です。

 

うなじの部分を脱毛する前に、照射の熱で脱毛の痛みを和らげるようにする為にも、うなじ部分を保冷剤か冷たく塗らしたタオルなどで冷やしておく事をおすすめします。
うなじ部分を冷やしておくと、照射のレベルを多少大きくても殆ど痛みを伴わなくなります。

 

自分でうなじの脱毛を行なう事は、とても見えにくい部分を脱毛する為、手間がかかる作業です。
こうした際に最も効率的な方法としては、照射する際にはラージカートリッジを使い、オートモードといった自動式の照射にする事で、脱毛がしやすくなります。

 

そして、照射漏れがあったり、照射にムラがないようにする為にも、スライド照射にしながらうなじの部分に当てながら脱毛すると、とても早い時間で脱毛が完了します。
スライド照射による広範囲の脱毛が可能ですので、脱毛をする際にはオートモードで、照射を行なう事が望ましいでしょう。

家族か友人に協力してもらおう!

ケノンの家庭用脱毛器を使う際に、自分で脱毛を行うと鏡で見なくては照射する位置が分りにくく、勘を頼りにしながら脱毛していく方もいらっしゃる事と思われます。

 

ケノンの脱毛器で、うなじを脱毛処理する為の注意点や、1人で出来る効率的な脱毛方法をお伝えしていきましたが、どうしても自分で脱毛が不安な場合、家族か友人などに協力をして貰いながら脱毛処理していく事も安全な方法ではないでしょうか。

意外と見られている?うなじの理想の形とは

髪型にもよりますが、うなじは意外にも周囲の人の目につく部分です。
この部分をしっかり手入れをしていなければ、時に清潔感のない印象を与えてしまったり、あるいはだらしなく思われてしまったりするかもしれません。
そこで、うなじの手入れについて、そして形について紹介していきます。

うなじは意外とみられている?脱毛すべきなのか?

ご自身ではあまり気付かないところですが、意外にもうなじのムダ毛は目立っています。
人の後ろ姿を気にしていれば気づけるものですが、手入れをしていないと、細かい産毛のようなムダ毛が、たくさん生えてしまっている事があるのです。

 

うなじのムダ毛は脱毛する事が可能ですが、必要かどうかという点で迷われる事もあると思います。
普段から髪の毛をアップにされる方であれば必要と言えますし、対して髪の毛を下ろされている事が多い方は、急いで脱毛する必要はありません。
また、髪型を定期的に変えるという方は、念のためにうなじは脱毛しておいたほうが安心です。

うなじはどんな形が良いのか?形について

うなじの形は様々で、それにより印象が大きく変わります。
全く処理していないとボサボサとしてしまい、逆にまっすぐになるように処理していると、毛が全くなくなるため不自然です。処理していても「W」のような形になるのは子供っぽい形になってしまいます。

 

そこで、理想といえるうなじの形は「MW型」と言われるものです。
単に「W」の形ではなく、中央のへこんでいる部分に両脇の毛の3分の1ほどまで伸びている部分があると、理想的な形と言われ、美しくなります。
うなじを脱毛しようか検討している場合にはこの「MW型」に整えてみると、綺麗に見られるでしょう。

 

うなじは自分の目に映らないのであまり気にされない事が多いでしょうが、例えば自分の後ろを歩いている人は自然に目に入ってきます。
それほどまでに目立つ箇所でもあるので、全く手入れをしていない方は、脱毛をして形を整えてみると良いでしょう。