正しい脱毛頻度とは?毛の周期サイクルに合わせて効果的に行おう

毛の周期サイクルについて

毛が生える仕組みは、毛のお尻あたりは毛球と言われる部分で、毛を作る大事な部分です。
毛球の中に毛乳頭や毛母細胞があり、毛乳頭は毛細血管から栄養を取り込み、毛母細胞に渡します。
毛母細胞が栄養を受け取ると、細胞分裂を繰り返していき、毛が伸びていくという仕組みです。

 

そして、毛の成長は毛周期と言われるサイクルで行われています。
毛のサイクルは、成長期と退行期と休止期と大きく分けて3つのサイクルに分かれます。
そのうち最も脱毛時期に相応しいのは、成長期なのです。
成長期に脱毛出来る毛の量は、全体の約1/3に過ぎないのです。
脱毛器の照射は生えてきているところにしか反応しない為、全てを脱毛して生え変わって再び脱毛しないと、脱毛が完全に終わらないのです。

 

その為、脱毛のペースは正しく守って家庭用脱毛器を使用する事が大切なのです。
ケノンの脱毛器は優れた脱毛機能をもちますので、毛の生えるサイクルや毛の状態を的確に見極めてから照射を行う事が望ましいでしょう。
毛の周期とは、毛が成長したり休止期に入ったりするサイクルの事で、この周期を考慮して、脱毛は行っていく必要があります。

部位によって毛の周期が違う?

体のあらゆる部分に毛は生えていますが、部位によって周期が違うのかどうか、考えた事はないでしょうか。
結論から述べれば、毛周期は部位によって異なります。

 

体の中でもっとも周期が長いとされるのは髪の毛で、その周期は2年から6年となり、それも男女で違いがあります。
そして顔の毛は半年から1年半で、ワキは1年から2年半が周期です。
脱毛で人気のある腕や手は半年から1年半で、太ももやひざ下も同様です。
そしてVIOラインは、1年から2年が周期だと言われています。

 

これらのように周期がバラバラであるため、脱毛をする期間も、部位によって少々違いが出てくるのです。

ケノンで脱毛する際の正しい使用ペース

脱毛

ケノンの脱毛器を使用する的確なペースは、使い始めのうちは約2週間に1回のペースが望ましいでしょう。
これを2カ月間続けていく事で、2ヶ月に4回脱毛をした事になります。

 

その後の3ヶ月以降は1ヶ月に1回のペースの脱毛で十分であるといえるでしょう。
何故かといいますと、脱毛器でムダ毛の照射を行なう際には、毛のサイクルがとても大切だからなのです。

正しいペースを守って脱毛しましょう!

繰り返しお伝えしますが、脱毛に相応しいペースは使い始めの2ヶ月間は、2週間に1回のペースです。
そして、脱毛器を使い始めて3ヶ月以降は、1か月に1回の割合が適切ではないかと思われます。

 

脱毛効果を早く出したいからと焦って、1週間に1度の割合で脱毛をされる方もおりますが、脱毛後の肌トラブルを回避する為にも、カートリッジの消費の無駄をなくす為にも、慣れないうちは止めておいた方が無難です。
また、こうした脱毛器が便利だからと家族分で毎日のように使ってしまうと、カートリッジの消費が高くついてしまい、経済的にも良くありません。

 

ケノンの脱毛器を使う正しいペースが掴めたら、今度は脱毛前後のケアについてお伝えしましょう。
まず、脱毛を行なう前日までに脱毛箇所の部分をシェーバーで剃っておく事です。

 

そして、脱毛する前に照射する箇所を冷却しておく事と、乾燥肌の場合は脱毛後にしっかりと保湿ケアをするといった、ちょっとしたケアを行なう事でより効果的な脱毛が期待出来る事でしょう。

どの部位でも、2週間に1回のペースでケノン脱毛して良いの?

ケノンの脱毛器は、2週間に1回のペースで使用する事が推奨されています。
しかし、全ての部位に同様の事が当てはまるのか疑問はないでしょうか。

 

そもそも2週間と言われている理由は、肌に負担をかけないのもそうですが、毛が生えて抜けるまでのサイクルを狙うのに効果的な期間だからとも言われています。
それが平均的にみて2週間だから、このような推奨をされていると考えられています。
ただ、例えば足のように肌が強くて毛が割と濃い部分は1週間に1度程度で使っている方が多いようです。

 

しかし、顔などのデリケートな箇所はあまり短い頻度では肌に負担をかけてしまうため、2週間から3週間ほど、期間をあけて脱毛するのが望ましいのです。

 

体の部位によって、毛の周期は異なり、さらに濃さや肌の強さは違ってきます。
ケノンで脱毛をする際には、効果的かつ安全に行っていくためにも、部位によって間隔を分けて、脱毛を行っていくのが良いでしょう。

妊娠中や生理中は、使用してはいけないの?

低レベルなら使用可能!

妊娠中や生理中は身体面と精神面で不安定になりやすく、こうしたストレスがムダ毛を増毛してしまう事に備えて、ケノンの家庭用脱毛器を使う方が多くいらっしゃる事と思われます。

 

また、ホルモンのバランスが乱れやすい時期に入る為、肌荒れを起こしやすくなる時期でもあります。
妊娠中や生理中の体の状態は施術により、肌に影響する場合がある為、万が一の責任には問いかねるという点において、サロンでは施術をお断りするケースがあります。

 

その為、家庭用脱毛器として最も売り上げが高く、脱毛機としてとても評判の良い「ケノンの家庭用脱毛機」は、サロンと同じ役割を果たす製品もありますが、妊娠中や生理中は、使用出来ないのではなく、照射のレベルを低めにする事が大切です。

 

何故なら、妊娠中や生理中の脱毛は体に悪い影響を与えるという心配ではなく、心身ともに不安定な状態ですので、肌がデリケートです。
その為には、肌に負担をかけないような範囲でケノンの家庭用脱毛器を使う事をおすすめします。

使い続ける事で半永久脱毛の効果が期待できる

ケノンの家庭用脱毛機は、サロンの脱毛料金よりも価格的に安く、家族とシェア出来るといった利便性やいつでもどこでも肌の状態や毛の周期に合わせて使える為、サロンへ通う手間や負担が軽減できます。
また、使い続ける事で半永久の脱毛に近い効果が得られます。

 

更に、他人に見られるといった心配もなく安心して使用する事が出来ます。
ケノンの脱毛機は、妊娠中や生理中でも自分の体調や肌の調子を良く確認しながら脱毛器を使用する事においては、問題はないと思います。

 

その為、ケノンの脱毛機を使う際には、脱毛機の性能や役割を正しく知った上で、自分の体調と照らし合わせながら脱毛する事が相応しいのではないかと思われます。

 

それでも不安な場合は、皮膚科や産婦人科の医師に相談するか、ケノンの販売店のフリーダイヤルによる無料相談を受け付けていますので、気軽に相談しながら、脱毛を行なう事も可能です。

カミソリ、毛抜きをおすすめしない理由

ムダ毛を自己処理される方法で、カミソリや毛抜きを使用するのはあまりおすすめされていません。
理由は様々ですが、まずカミソリの場合、肌を傷つける可能性が高いですし、肌にかける負担が大きいからです。
専用のクリームなどを塗ってから行っても、肌にカミソリを当てている以上、少なからず負担をかけてしまい、肌荒れなどの原因になりかねません。

 

次に毛抜きですが、毛抜きで引っ張って抜いても、途中でちぎれてしまい、毛穴にムダ毛が残る場合があります。
その時、肌の中から毛が出てこられないようになる「埋没毛」になる心配が高まります。

 

また、無理に引っこ抜く事で毛穴が開き、肌の見た目が悪くなる場合があるなど、カミソリや毛抜きでの処理はあまりおすすめされません。

 

普段から、ご自身で手軽にムダ毛の処理をされている方は多いでしょうが、肌を守ったり、埋没毛などのトラブルを起こしたりしないためにも、正しい方法で処理するのがおすすめです。
安全性を考慮し、家庭用脱毛器を使用するのが良いでしょう。