ケノンのほくろへの使い方注意点!増える?消える?シールで隠すべき?

ほくろ

ケノンの脱毛器は、優れた脱毛効果をもつ家庭用脱毛器として、幅広い年齢層の方からの使用率と共に大変人気のある商品です。
また、ワキや腕、足や背中、顔などの至る所において、使用する事が出来る脱毛器として信頼性のある商品なのです。

 

こうした脱毛器を使う際にはあたり、ほくろが沢山あるけれど脱毛器が使えるのか、という疑問にお応えします。

ほくろの部分は隠して脱毛する

ほくろを脱毛する際には、ほくろの部分を隠した状態で脱毛するされる事をおすすめします。
つまり脱毛器は、黒い部分やメラニン色素や日焼け後などの黒い部分にのみ反応しますので、ほくろが沢山ある方は、火傷によるダメージを予防する必要があります。

 

テープなどを使用して隠す

沢山のほくろを隠す為には、小さめのシールや修正液や、バンドエイドや救急箱にある紙テープで隠した状態で、脱毛をすると、肌にダメージを与えずに脱毛が出来ます。
ほくろの部分を上手に隠す事で、脱毛器がほくろの部分に反応しない為、肌火傷によるダメージを予防する事が出来ます。

 

ほくろを隠すためのポイントは、ほくろの大きさに合わせた大きさで隠す事です!
化粧品を利用して隠す

化粧品といっても種類は様々ですが、例をあげるのであればコンシーラーです。
ファンデーションや口紅などでも問題ありません。

 

とにかく、ほくろのある箇所をなるべく、肌の色に近づけるように対処するのが良いです。
肌の色に近かったり、肌より白い色に変える事ができれば、家庭用脱毛器を当てても、火傷はしづらくなります。

ほくろのある部分を避ける

化粧品を使ったり、ほくろをシールで隠したりするのでなければ、やはりほくろのある場所は、脱毛器を当てないようにするのが一番です。
また、あまり大きくなく、それほど濃いほくろでなければ、そのまま脱毛器を当てる事も出来なくはありません。

 

実際に、クリニックやサロンでは、ほくろがあってもそのまま施術されるケースもあるため、よほど大きいものでなければ、我慢して脱毛する事は不可能ではないのです。
しかし、火傷や炎症を起こすリスクを考えるのであれば、そのまま脱毛してしまうのはあまり望ましくありません。

 

化粧品で隠すか、ほくろのある場所は避け、その部分のみ自己処理で済ますのが安心でしょう。

ほくろにムダ毛がはえていた場合は?!

そしてほくろがある部分にはムダ毛が生えていたりするものですが、このような時は、照射レベルを1〜3くらいのレベルに保ち、週に一回の脱毛を約2〜3ヶ月は続けましょう。
使用する前はレベルを1から始めて、痛みがないかどうかのチェックをされてから、脱毛を行なう事がおすすめです。

 

アフターケアもしっかりと!

また、脱毛後は顔を冷やす事が、脱毛後のアフターケアとして大切です。
ほくろが沢山あるから脱毛が出来ないという事ではなく、先ほど述べましたように、上手にほくろを隠した状態のまま照射を行なえば、ムダ毛の脱毛処理が上手く行くという事なのです。

 

痛みを伴う事が少なくて、照射の音の大きさも小さく、効率的な脱毛が出来るケノンの家庭用脱毛器を効果的に使用される為にも、こうした方法で沢山あるほくろを脱毛するポイントをおさえておきましょう。

ほくろを隠して脱毛器を当てると痛みはないのか?

家庭用の脱毛器は、光脱毛と採用しており、特殊な光を黒い色素に反応させて、脱毛を行う仕組みになっています。
中でも、毛の黒い色素に反応するため、肌にあるホクロにも反応し、痛みや炎症を起こしてしまう場合があるのです。
そこで、ホクロのある箇所を隠して脱毛器を当てるとどうなのかという点ですが、ホクロのない肌と同様に施術していく事が可能です。

 

一般的な隠し方はシールを使ったものがあります。
ただ、シールを貼る等して隠したとしても、完全に遮光できているとは限りません。

 

遮光されていない場合には、多少の痛みを伴う事があるため、注意が必要です。
徐々に照射レベルを上げていくようにするなど、安全に試してからやってみると良いでしょう。

そもそもなぜホクロが出来るの?

ホクロが出来る理由は、大きく分けると先天性と後天性の2通りあります。

先天性の場合

生まれた時からあるもので、遺伝的に受け継がれているものです。
ホクロの出来やすい両親だった場合、生まれつきホクロが出来ている場合がありますが、極端に増えるような事はないと言われています。

後天性の場合

紫外線との関連性が高いです。
メラノサイトと言われる細胞は、紫外線を受けるとメラニンを生成します。
メラニンをつくり紫外線を吸収していくのです。

 

しかし、この時、メラノサイトが強く働きすぎてしまうほか、異常を起こしてしまうと、ホクロが作られてしまう場合があります。
先天性のものと異なり、ホクロが増えてしまう場合があるのが、後天性のホクロです。

脱毛をする時に、やはりホクロの多い人はそれが悩みになってしまう事が多いです。
しかし、ホクロを隠せば脱毛を行えないという事はありませんし、隠し方によっては炎症や痛みを感じず、快適に行いやすくなります。
必ずホクロは隠して、家庭用脱毛器を使用しましょう。