日焼け後の脱毛はNG?家庭用脱毛器ケノンを使う時の注意事項

ケノンの脱毛器は家庭用脱毛器として、使用者からの評判も高く、今後もますます人気度が上がる商品です。
ただ、これから夏にかけての時期において日焼けをしてしまったという場合は、注意が必要です。

日焼け後は脱毛を控えた方が良い

日焼け防止

日焼け後の肌は大変デリケートですので、脱毛器の使用は肌へのダメージなどの原因にもなりますので、使用は控えた方が無難なのかも知れません。
しかし、日焼けの後はアイシングといって、冷たいタオルを顔にあてておく事や、美容パックなどで顔をしっかりと保湿する事で、日焼け後のシミを予防する事が可能です。

 

それに伴い、脱毛の照射においては、痛みを伴う事のないレベルの照射を1〜10までの大きさにレベルを調節する事が出来ます。
もしも、痛みを伴う脱毛が怖いという方は、照射の前に皮膚を冷たいタオルなどを用いて冷やしてから脱毛を行なえば、痛みを伴う事なく脱毛出来ます。

 

ちなみに、脱毛器の使用を控えた方が良い箇所とは、目や口の周辺といった皮膚がとても薄くて刺激に敏感な部分なのです。

 

また、照射してはいけない部分を具体的に説明しますと、肌の色が黒い部分ですが、小さなシミやほくろなどは、バンドエイドや治療用に使う紙テープなどを脱毛前に貼っておけば問題ありません。

 

ただし、テープなどで貼り付けられない位に日焼けの後が酷い場合などは、使用を避けた方が無難です。
また、皮膚の弱い部分や、毛根が深かったりする部分、毛が硬くなっているような部分も、使用を避けた方が賢明です。

アイシングや保湿ケアをしっかりと!

しかし、日焼け後のアイシングケアや保湿ケアなどをしっかりと行い、
皮膚科で脱毛器の使用をしても良いと診断があれば、照射のレベルを最初のうちは1からといった小さめのレベルにしながら使用しましょう。

 

そして、脱毛後はしっかりとアイシングや保湿ケアを行なえば、日焼け後の脱毛においても、上手に脱毛器を活用出来ます。
また、脱毛器の使用後は乾燥しやすいので、保水や保湿のケアを念入りに行なうと良いでしょう。

元々肌が黒い人は脱毛できないの?

脱毛器は、黒い部分やメラニン色素や日焼け後などの黒い部分にのみ反応するということは、肌が黒い人は脱毛できないのでしょうか??
結論から言うと、よほどの事がない限りは肌が黒い人でも脱毛はできます
しかし、肌の色が白い人に比べると効果が出にい傾向があります。

 

家庭用脱毛器ケノンでは、照射レベルが10段階ありますので、肌の色に合わせてレベルを帰ると良いでしょう。
取扱説明書にも詳しく書いてありますので、必ずよくよんでから使用しましょう。

乳輪は脱毛出来るの?

家庭用脱毛器でも有名なケノンを使用される際、乳輪のムダ毛を処理したいという方も多いのではないでしょうか。
しかしデリケートな部位という事もあり、使用して良いのか不安な方も多いと思います。
ケノンは、乳輪に使えるのかなど、紹介していきます。

 

乳輪にもケノンを使用できるの?

腕や足などのムダ毛のほか、お腹周りや乳輪周りなどの毛も処理したいという方は多いでしょう。
ただ、脱毛における注意点として、ほくろのような色素の濃い部分には使用できない問題があります。
そのため、乳輪のような色素のある部位は使用できないのではと思われるかもしれません。

 

しかし、ケノンは乳輪にも使用する事が可能となっています。
ただ可能とは言っても、ほくろの箇所を脱毛するのと同様に、十分に注意して行わなければなりません。
大丈夫だからといって適当に脱毛を行うと、トラブルを引き起こす原因になります。

 

乳輪の脱毛方法やポイント

乳輪は、他の肌に比べて色素のある箇所です。ほくろのある部位に脱毛器を当てるのには注意しなければならないのと同様に、乳輪の箇所も注意して行う必要があります。
何も気にせず、乳輪を脱毛しようと機器を当てると、火傷や炎症を起こしたり、炎症性浮腫や毛嚢炎になったりする恐れがあります。

 

方法としては、脱毛器のレベルを一番下まで下げて、痛みがない事を確認しながら行っていきます。
また、一度に何度も同じ箇所に当てて、刺激を与えすぎないのがポイントです。

 

デリケートな箇所なので、無理に脱毛器を当てすぎないようにし、大丈夫であれば少しずつレベルを上げて、脱毛をしていくようにしましょう。

 

乳輪を脱毛する時にしておきたい事

照射レベル

ケノンを乳輪に使用する際、気をつけなければならない点は、照射レベルをいきなり強くしない事です。
ほくろなどの部位よりも、デリケートな部分ですし、色素のある箇所なので、脱毛器が過剰に反応してしまわないという可能性は否定できません。
そのため、まずは照射レベルを一番弱くして、痛みを感じたり、刺激が強すぎたりしないか、十分に注意するのが適切です。

 

必ず冷やしてから脱毛を行う

乳輪を脱毛する時にしておきたい事として、必ず保冷剤を用意しておきましょう。
乳輪などのデリケートな箇所を行う場合、脱毛を行う前に保冷剤を使い、しっかり冷やしてから脱毛器を当てます。

 

また、脱毛している最中も熱を感じるようであれば、何度か冷やして、休み休み行う方が安心です。

 

脱毛をし終えた最後も、保冷剤を使って乳輪を冷やしてあげましょう。
保冷剤を使う事で痛みを和らげたり、患部に炎症を起こしてしまったりする可能性を下げられます。
そして、火傷してしまうリスクを下げるためにも、保冷剤の準備は欠かせません。

 

あまり脱毛するのは望ましい箇所ではないため、最低限、安全を確保した上で、脱毛器を使っていきましょう。

 

乳輪のムダ毛が気になる方は、必ず正しい方法を守り、安全に脱毛を行える準備をしてから、脱毛器を当てるようにしましょう。
ムダ毛を綺麗に処理できても、怪我をしてしまっては大変です。まずは安全第一に、準備を行ってから脱毛してみてください。

 

万が一痛みなどを感じた場合にはすぐに脱毛器を当てるのをやめ、必要に応じて医師に相談されると良いです。

脱毛器で皮膚ガンになったりしない?

ケノンの家庭用脱毛器は、脱毛サロンと同じくらいの脱毛効果を発揮する脱毛器として、最も優れた家庭用脱毛器です。
しかし、こうした商品をお使いになる前に、ケノンの脱毛器を使用する事によって皮膚がんになったりしないか疑問に思われる方も中にはいる事と思われます。

皮膚ガンになる可能性はありません

しかし、ケノンの家庭用脱毛器で、皮膚がんになる可能性はまずありません。
それは、ケノンの家庭用脱毛器による脱毛の照射において光の種類として「キセノンフラッシュ」という光が、毛根や毛のメラニンに間接的に働きかけ、その光は赤外線によるものから発していますので、発がん性の性質をもった光によるものではないという事になります。

 

皮膚がんの原因は、紫外線による影響が大きいの事が原因ですので、こうした脱毛器によって、皮膚がんの心配はないといっていいでしょう。
痛みを伴わない機能のついたケノンの脱毛器ですが、万一の際に日焼けや直射日光には気をつける事が大切です。

 

その為にも、日頃から肌にダメージを与えないようにする事も大切です。
ケノンの脱毛器は、ワキや首、背中や肘下や膝下、顔の部分と至るところの箇所において脱毛が出来ますが、痛みを伴う事なく小さな音で脱毛が出来て、カートリッジを交換する事において美顔器となる家庭用脱毛器として安心してお使い頂ける商品なのです。

 

脱毛したいけれど、家庭用の脱毛器を使い続ける事で、皮膚がんになるのではないかという心配がある方にとって、ケノンの家庭用脱毛器はとても安心してお使い頂ける商品であるという事が分ります。

日焼けやお肌のお手入れは気をつけておこう

また、ケノンの脱毛器は、使いやすさや脱毛効果の高さやコストパフォーマンスにおいても、売り上げNO.1を誇る位の人気で、口コミや評価も高い信頼性のある商品なのです。
高周波を用いた光の照射の部分がキセノンフラッシュという赤外線による脱毛ですので、ご使用される前に、紫外線による日焼けや肌を常に清潔な状態を保つ事で、脱毛器の効果もさらに期待がもてます。