おすすめ人気家庭脱毛器を比較!【ケノン・トリア・ソイエ】

今の主流として脱毛サロンに通って綺麗にする方が多いと思いますが、金額も時間も掛かるためなかなか踏み出せずにいる方も多いと思います。
手軽に出来る脱毛方法として人気なのが、家庭用脱毛器ですよね。
サロンに通う時間やお金を節約して、自分の気になった時・好きな時にいつでも脱毛が出来るので人気があるのです。

 

しかし、やはりプロの技とは違いがあるのでしょうか?
まずは、家庭用脱毛器と脱毛サロンのあれこれを比べてみることにしましょう。

家庭用脱毛器と脱毛サロンを徹底比較

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器

手軽さ 自分の好きな時間・気になった時に使用できるので手軽さはサロンよりも格段に上です。
値段 高額の家庭用脱毛器ですと10万円程度で購入することが可能です。
効果 機器の値段にもよりますが、サロンで使用されている方法と同じ方法で脱毛する場合、効果が十分見込めます。
脱毛サロン

脱毛サロン

手軽さ サロンで決められた周期で通うことになります。

予約を取らなくてはいけないので、その作業にイライラを感じる方も多いようです。

値段 施術する部位にもよりますが、基本的に数万円〜50万円前後掛かると思って下さい。
効果 基本的に効果を感じる方は多いです。

時間を掛けて徐々に薄く・少なくなっていきます。

このように見ていくと、家庭用の脱毛器の人気の理由が分かる気がします。
それでは、人気の家庭用脱毛器の比較をしていきましょう。

家庭用脱毛器「ケノン」「トリア」「ソイエ」を比較

ケノン

ケノン

値段 メーカー希望小売価格98,000円です。

時にキャンペーンなどを行っており、若干お安くなる場合があります。

使い方 お手入れ箇所のムダ毛を処理します。

ケノンをほくろ部分を避けて、肌にあてるだけです。
誰でも簡単に使用することが出来ます。

連射機能/レベル 6連射/10段階
脱毛部位 腕・ワキなどの主要部分はもちろん、Vライン・ヒゲの脱毛もOKです。
効果 脱毛サロンと同じフラッシュ式を採用しているので、サロンと同じ効果が得られます。
商品の特徴 ジェル不要でサロンと同じフラッシュ式の脱毛が可能。

これ1台で様々な部分を脱毛出来るので、簡単便利。
家庭用脱毛器売上で常にNO.1の人気商品です。

保証期間 1年間
電気 コンセント式

ケノンは、家庭用光脱毛器として、非常に多機能をもっており、カートリッジの照射範囲も最大級。
そして照射レベルも選べ、体全体に使える便利な脱毛器であり、なおかつ美顔器でもあります。

 

初期コストは安いとはいえませんが、カートリッジも3種類ついており、使用用途が多いです。
一照射あたりのコストパフォーマンスもよく、自宅で光脱毛でお手入れしたい人が欲しがっている機能がすべて入っています。

 

コンパクトにまとまっていて、ハンドピースも扱いやすいのでとくに問題なく使いこなすことができます。

 

ケノンのおすすめポイント

ワンショットあたりのコストが安く、また部分に合わせてカートリッジを付け替えて使えます。
男性のヒゲ脱毛や女性の脚脱毛など、狭い範囲から広い範囲まで幅広く、また痛みや効果に合わせて出力が選べるのも便利です。

 

連射機能あり。
一度購入したら、故障しない限りずっと使えますので、家庭用脱毛器を試してみたい人、また全身脱毛後の定期的なお手入れにも使えます。
肌ケアとしても使えます。

 

ケノン公式サイトはこちら!

 

トリア

トリア

値段 広範囲を脱毛する4X…54,800円

ピンポイントで細かな部分を脱毛するプレシジョン…36,800円

使い方 お手入れ箇所のムダ毛を処理します。

トリアをほくろを避けてあてていくだけです。

連射機能/レベル 連射機能なし/5段階
脱毛部位 口周り・ワキ・腕・脚全体・プレシジョン口周り・ワキ・ビキニライン
効果 サロンと同じ技術を活かした製品ですので、定期的な使用で3ヶ月後には効果が見られる方が多いようです。
商品の特徴 4X・プレシジョンを使い分けることによってより繊細な脱毛が可能。

サロンと同じ技術を使用しているので、効果も抜群。

保証期間 2年間
電気 充電式

家庭用脱毛器としては初めてのレーザー脱毛器。
非常に効果が高いけれどもやや痛みが強い。
価格もだいぶリーズナブルになったとは言ってもやや高め。
照射範囲は狭いが、その分、濃い毛や太い毛などの脱毛には効果的といわれています。

 

短い期間で集中的に脱毛効果を得たいというのならばやはりトリアがいいと思います。
最近はデザインもリニューアルされておしゃれでスタイリッシュになりました。
ハンドピースなどはついていないので本体そのままを持ち上げ、照射する形になります。

 

トリアのおすすめポイント

ワキなど、太い毛や、女性のムダ毛、また男性のヒゲ脱毛にも効き目あり。
毛周期にあわせて照射する家庭用脱毛器として効き目はナンバーワン。

 

ただし、照射範囲が狭いために、広い面積を照射する場合はすこし時間がかかり手間もかかってしまう。
ただ、カートリッジなど付け替えの必要がないので、すぐに照射ができて、手軽なお手入れとしても向いています。

ソイエ

ソイエ

値段 付属品によって価格が異なりますが、10000万円前後〜5000円程度
使い方 電動脱毛器なので、毛の処理は必要なくそのまま使用できます。

お肌にゆっくりあてるだけの簡単な使用方法です。

連射機能/レベル 連射機能なし/5段階
脱毛部位 属品によって異なります。

基本的にはどの部分の脱毛も可能です。

効果 脱毛器をあてた部分から毛が抜けていきます。

レーザーではないので、また毛は生えてきますが処理後数カ月は綺麗になります。

商品の特徴 レーザーと違い、電動で毛を抜いていくだけの簡単設計なのでレーザーに不安がある方でも使用できます。

家庭用脱毛器の登竜門的存在です。

保証期間 1年間
電気 充電式コードレスタイプあり

ソイエは、もともとシェーバーとしての商品展開が多いです。
そのシェーバー、トリミング機能に光機能をつけたタイプと、光脱毛機能だけの機種があります。

 

このソイエの素晴らしいところは、やはり価格です。
光エステES-WH71ならば、1万円以下で購入できるようになっていて、しかも除毛機能がついていて、光処理の前に自前で毛を剃る必要がありません。
またES-WH81なら照射段階は5段階あり、コードレスタイプなので使いやすく、一回の充電で600回の照射ができます。

 

ソイエのおすすめポイント

家庭用光脱毛器に興味があっても、なかなか手がでないのはその価格が高額のためでした。
しかし、パナソニックのソイエシリーズでは、もともと手頃な価格の商品をシェーバー中心に出してきました。そのなかで最近話題の光脱毛機能をつけた商品がこちらです。

 

スピーディーに、手軽にお手入れできるように、シェーバーもついているタイプ、またコードレスタイプなどを用意しています。
照射できる場所については限度がありますが、それでもきになるムダ毛のお手入れを体験してみたい、自宅で簡単に処理をしたい人にとっては便利です。
手頃な価格帯なので、人気があります。

自分に合った、家庭用脱毛器を見つけましょう!

人気の家庭用脱毛器を比較してみました!

 

以前と比べ、サロンと同じ施術が自宅で簡単に行えるようになってきました。
価格や仕様方法などはそれぞれ違いますので、自分に合った脱毛器を選ぶことが重要です。